レイク 学生

学生がレイクを利用するにはアルバイトをしていることが必須

レイクは学生であっても融資の申し込みを受け付けています。

 

学生がレイクを利用してお金を借りる場合の要件としては、ひとつはアルバイトなどで安定した収入を得ているということ、そしてもうひとつは20歳以上であるということとなっています。

 

安定した収入があっても未成年者はレイクでお金を借りることができないというわけですね。

 

もっとも、これは学生でなくても20歳未満の未成年者の場合はレイクで融資を受けられないとされています。

 

年齢はともかくとして、学生がレイクを利用するうえで重要となるのがやはり収入です。

 

ここでいう収入には、たとえば「親からの仕送り」というものは当然ながら含まれません。

 

あくまでもアルバイトなどで一定の金額を毎月安定して受け取ることができる状態にあるかどうかという点が重要となります。

 

アルバイト「など」という表現をしましたが、学生が親以外からの収入を得るための手段としては基本的にはアルバイトをするしかないと思いますので、学生がレイクを利用するには事実上「アルバイトをしていること」が条件といえます。

 

ではどんなアルバイトなら良いのかということですが、やはり評価が高いのは飲食店などでのアルバイトでしょう。

 

学生の場合どうしても収入が少ない、あるいは不安定な場合が多くなりますので、飲食店などのように長期で働ける環境にあるとそれだけ審査が通りやすくなります。

 

また、家庭教師などの場合も長期の安定性に加えて収入も多いという傾向がありますので、レイクにとっては審査について好材料といえるかもしれません。

 

このように、レイクで学生がお金を借りる場合のレイク パート・アルバイトとしてはやはり「長期」で「安定した収入」があることが重要となります。

 

レイクで学生がお金を借りる場合には、一括で返済できればともかく通常はその後数ヶ月にわたって返済を続けることになりますので安定した収入があって初めて利用できるともいえます。

 

こうした理由から収入が不安定な短期バイトなどの場合はレイクの審査に通らない可能性もありますので注意しましょう。

3月は、子供の春休みがあります。それなのに、特別お給料は上がるわけではないので、絶対に今月の終わりには家計は苦しいはず、色々今から考えています。夏休み、冬休みはボーナスが出た後なので、まだ余裕があります。春休みは、宿題は無いのがほとんどなのに、ボーナスは出ていないので、本当に困ります。夫にそれを話し...
続きを読む≫ 2014/03/25 17:22:25